理化学用ガラス製品

Q&A

よくあるご質問
H-32の原料は?
珪砂(けいしゃ)、硼砂(ほうしゃ)、硼酸(ほうさん)、アルミナです。
全て、天然の鉱物を精製したものです。泡切剤も天然塩を使用しており、ピュアな素材だけを用いてH-32は作られております。
H-32の製造国は?
日本(茨城県古河市)です。(一部海外)安心してご使用頂けます。
早い納期、小ロットにも対応可能です。
耐熱温度差とは?
その時のガラスの温度から急加熱、急冷した時の温度差を示します。
H-32の耐熱温度差は?
120℃です。温度の急な変化(熱衝撃)に対する高い耐久性を持っているガラス素材です。
熱湯や、冷蔵(凍)庫に入れても、割れませんが、急加熱・冷にて温度差120℃を超える恐れがある場合は、十分に注意してご使用ください。
電子レンジ(マイクロ波)での加熱は可能ですか?
可能です。※突沸にご注意ください。
乾熱滅菌や、オートクレーブ滅菌の用途でH-32を使用できますか?
可能です。ご使用の際は割れ、欠け、キズがないことをご確認ください。
H-32は、割れにくいですか?
H-32は、耐熱ガラスであり熱に強いですが、強化ガラスではありません。
衝撃に関しては、普通のガラス(ソーダ石灰ガラス)と同等です。お取り扱いには、十分ご注意ください。
H-32の耐久年数はありますか?
耐久年数は設けておりません。
ヒビ割れや破損の無い限り、ご使用可能です。
溶剤投入又は、加熱時に、H-32素材自体の溶出はありますか?
H-32は、JIS R3503で規定された「ほうけい酸-1(JP-1)」です。
重金属(鉛、カドミウム等)は勿論、一般に泡切剤として常用される亜ヒ酸等も一切含まず、アルカリ溶出量もJISに規定された数値以下です。
重要な化学分析に安心してご使用頂けます。
お手入れの方法は?
洗浄する場合は、やわらかいスポンジに中性洗剤を使用してください。
クレンザー、研磨材付きスポンジ、研磨材入ナイロンたわし、スチールたわし等は、使用しないでください。
ガラスに傷をつけ、思わぬ破損の原因となります。
汚れ(異物)がガラスに浸透することはありますか?
汚れの浸透はありません。洗浄行為等で容器内に細かいキズができ、その部分に汚れが付着する場合があります。
ガラスは一般的に樹脂(プラスチック)より硬く滑らかな素材ですので、キズは付きにくい構造です。
洗浄を行えば、汚れの付着は抑えられます。
ガラスに相性の悪い物質は有りますか?
腐食性の高い物質(フッ化水素)及び強アルカリ性(水酸化ナトリウム等)は、一般的にガラス及び、プリント表示部を腐食します。
ご使用を控えて下さい。
目安目盛の「approx」とは何ですか?
おおよその表記であることを意味します。(approximatelyの略)
精度は、最大表示容量の±5%の範囲内です。
カタログ表記アイテムの内径や、肉厚等を教えてください。
弊社では、JISに準拠したカタログ表記をしております。
カタログ表記以外をお確かめになりたい方は、お手数ですが、弊社にお問い合わせください。
どこで購入できますか?
弊社にお問い合わせください。代理店をご紹介します。
安心・安全の素材を使用した幅広いラインナップ

ビーカー

ビーカー(目安目盛り付き)

ビーカー(目安目盛り付き)

耐熱性、化学的特性に優れた高品質な耐熱ガラスを使用したビーカーです。口部がフレアに開いていて持ちやすく、液だれしにくい注ぎ口です。

トールビーカー(目安目盛り付き)

トールビーカー(目安目盛り付き)

背が高く細長い形状なので持ちやすく、加熱時の液体の吹きこぼれや蒸発を抑えます。また、注ぎやすく液だれしにくい注ぎ口です。

コニカルビーカー(目安目盛り付き)

コニカルビーカー(目安目盛り付き)

くびれたネック部分は撹拌操作に適したデザインです。持ちやすく試料の混合がしやすい形状です。


フラスコ

三角フラスコ(目安目盛り付き)

三角フラスコ(目安目盛り付き)

口部は耐久性のある、肉厚リム加工が施されています。細いネックは内容物が飛び散りにくく、液体の撹拌に適した形状です。

平底フラスコ

平底フラスコ

口部は耐久性のある、肉厚リム加工が施されています。計量や撹拌、培養に幅広くお使いいただけます。

丸底フラスコ

丸底フラスコ

丸底形状は、加熱時、熱の伝わりが均一で、かつ圧力の変化に強い形状です。薬品の反応、撹拌、加熱、冷却など幅広くお使いいただけます。

なすフラスコ

なすフラスコ

口部は割れにくい肉厚リム加工が施され、本体は圧力の変化に強いフラスコです。また、内容物が出しやすく、洗いやすい形状です。

ケルダールフラスコ

ケルダールフラスコ

口部は割れにくい肉厚リム加工が施されています。また、加熱時に内容物の蒸発を促進する形状です。


平底蒸発皿/結晶皿、ガラス管、生地

平底蒸発皿

平底蒸発皿

液だれしにくい注ぎ口です。ブロー成形により底の肉厚が均一なので、加熱ムラが少なく溶媒の蒸発を促進します。

ガラス管

ガラス管

伸びがよく加工しやすい材質です。

生地

生地

ガラスの伸びがよく加工しやすい材質です。結果的に加工時間短縮につながります。
国内生産ですので、供給面でも加工に関しても安心してお取扱いいただけます。
「生地」は他にも多品種揃えております。


信頼をお届けするHARIOの耐熱ガラス