理化学用ガラス製品

BRAND HISTORY

創業当時から培ってきた耐熱ガラスの歴史
1921年 10月 東京・神田須田町に柴田弘製作所を創立。理化学用ガラス器具の製造・販売を開始する。
1940年 8月 台東区上野花園町に工場及びガラスるつぼ炉建設。ガラス溶融の研究に着手。
1947年 3月 ヒロム印ビーカー、フラスコ、シャーレ、冷却器製造開始。
1949年 8月 多年の研究が実り「ハリオガラス」の溶融に成功。
1951年 5月 東京都江東区白河にガラス溶融炉を設備。一貫作業の深川工場を新設。
1955年 6月 新工場に業界初の硬質1級ガラス「ハリオガラス」用タンク炉完成。
1961年 9月 JIS表示許可工場(化学分析ガラス器具・ガラス管棒)認定。
1962年 5月 業界初の自動ガラス管成形機を設置。
1963年 12月 業界初の自動吹成形機を設置。
1968年 1月 硬質1級「ハリオ-32ガラス」開発に成功、量産に入る。
4月 茨城県古河市諸川1371に土地27,000㎡取得。古河工場建設準備に入る。
1971年 1月 古河工場完成。
10月 創立50周年記念行事と併せ、古河工場落成披露。
1972年 12月 独自の技術により「直接通電式ガラス溶融炉」の開発に成功。
1977年 2月 日本発明大賞受賞。
1980年 8月 自動車用ヘッドレンズ分野に進出。
1982年 4月 科学技術庁長官賞受賞。
1983年 10月 古河工場に世界初のコンピュータ制御によるガラス製品の多種少量生産ラインを完成。
2000年 12月 創業80周年記念事業の一環として、本社を東京都中央区日本橋富沢町9-3に移転。
2003年 7月 日本橋本社ビル登録有形文化財として文化庁より「貴重な国民的財産」に認定される。
(登録番号13-0148)
12月 世界初、ガラスのバイオリンの製作に成功。
2012年 11月 ハリオグラス株式会社、ハリオテック株式会社と合併し、「HARIO株式会社」設立。
2015年 11月 理化学製品販売の「ハリオサイエンス株式会社」を創業の地である、現在の東京都台東区池之端(創業時は、台東区上野花園町)に移転。

歴代の理化学製品カタログ

柴田弘製作所(1921年)

柴田弘製作所
(1921年)

柴田化学器械工業(1945年)

柴田化学器械工業
(1945年)

柴田ハリオ硝子株式会社(1957年)

柴田ハリオ硝子株式会社
(1957年)

ハリオグラス株式会社(1999年)

ハリオグラス株式会社
(1999年)

安心・安全の素材を使用した幅広いラインナップ

ビーカー

ビーカー(目安目盛り付き)

ビーカー(目安目盛り付き)

耐熱性、化学的特性に優れた高品質な耐熱ガラスを使用したビーカーです。口部がフレアに開いていて持ちやすく、液だれしにくい注ぎ口です。

トールビーカー(目安目盛り付き)

トールビーカー(目安目盛り付き)

背が高く細長い形状なので持ちやすく、加熱時の液体の吹きこぼれや蒸発を抑えます。また、注ぎやすく液だれしにくい注ぎ口です。

コニカルビーカー(目安目盛り付き)

コニカルビーカー(目安目盛り付き)

くびれたネック部分は撹拌操作に適したデザインです。持ちやすく試料の混合がしやすい形状です。


フラスコ

三角フラスコ(目安目盛り付き)

三角フラスコ(目安目盛り付き)

口部は耐久性のある、肉厚リム加工が施されています。細いネックは内容物が飛び散りにくく、液体の撹拌に適した形状です。

平底フラスコ

平底フラスコ

口部は耐久性のある、肉厚リム加工が施されています。計量や撹拌、培養に幅広くお使いいただけます。

丸底フラスコ

丸底フラスコ

丸底形状は、加熱時、熱の伝わりが均一で、かつ圧力の変化に強い形状です。薬品の反応、撹拌、加熱、冷却など幅広くお使いいただけます。

なすフラスコ

なすフラスコ

口部は割れにくい肉厚リム加工が施され、本体は圧力の変化に強いフラスコです。また、内容物が出しやすく、洗いやすい形状です。

ケルダールフラスコ

ケルダールフラスコ

口部は割れにくい肉厚リム加工が施されています。また、加熱時に内容物の蒸発を促進する形状です。


平底蒸発皿/結晶皿、ガラス管、生地

平底蒸発皿

平底蒸発皿

液だれしにくい注ぎ口です。ブロー成形により底の肉厚が均一なので、加熱ムラが少なく溶媒の蒸発を促進します。

ガラス管

ガラス管

伸びがよく加工しやすい材質です。

生地

生地

ガラスの伸びがよく加工しやすい材質です。結果的に加工時間短縮につながります。
国内生産ですので、供給面でも加工に関しても安心してお取扱いいただけます。
「生地」は他にも多品種揃えております。


信頼をお届けするHARIOの耐熱ガラス